現在お使いのAndroid標準ブラウザはGoogleのサポートが 終了しているため、正常に表示されない場合がございます。 当サイトでは、Google Chromeでのご利用を推奨しております。

Google Chromeでひらく

閉じる×

会社沿革

会社沿革
History

1964年(昭和39年)
セイコー時計サービス部門として、服部時計店(現:セイコーホールディングス㈱)、第二精工舎(現:セイコーインスツル㈱)、諏訪精工舎(現:セイコーエプソン㈱)の出資によって設立。
1967年(昭和42年)
大阪出張所(現:WSS)開設により、販売体制と連結した全国ネットワーク体制が整う。
1970年(昭和45年)
技能オリンピックの時計修理部門で金メダル獲得。
1978年(昭和53年)
部品部を設置し、補修用部品の集中管理体制がスタートし、海外・国内各地への部品供給を開始。
1985年(昭和60年)
服部セイコー(現:セイコーホールディングス㈱)のアフターサービス業務を移管。
1986年(昭和61年)
セイコー時計部品センターと合併。
補修用部品販売のほか、国内向けウオッチ電池、バンド、クロック部品、治工具などの販売を開始。
1988年(昭和63年)
服部セイコーより消費者業務(消費サービス窓口)を移管。
1991年(平成 3年)
セイコークロックサービスと合併し、ウオッチ・クロックの総合サービスセンターとしてスタート。
1995年(平成 7年)
海外部を新設し、商物流一体の海外向けアフターサービス用部品販売事業がスタート。
1997年(平成 9年)
クロックに関するサービス業務をセイコークロック㈱へ事業移管。
2000年(平成12年)
高級品ブランドの差別化に伴い、クレドールサービススーション(CSS)を新設。
2001年(平成13年)
他社高級ブランド品修理の業務を拡大。
2002年(平成14年)
海外向け部品販売事業をセイコー香港(SHK)へ事業移管。
グランドセイコーのアフターサービス体制の確立に伴い、グランドセイコーサービスステーション(GSSS)を新設。
2003年(平成15年)
セイコー㈱(現:セイコーホールディングス㈱)の100%子会社となる。
2005年(平成17年)
本社に業務集約。(東京・大阪の二拠点体制化)
2009年(平成21年)
セイコーウオッチ㈱の100%子会社となる。
2010年(平成22年)
セイコーウオッチ㈱のマーケティング戦略に連携し、プレミアムウオッチサービスステーション(PWSS)を設立。
2012年(平成24年)
グランドセイコーのコンプリートサービス(ライトポリッシュのセット化)を開始。